EUROBIKE2016に出展します!

 

eurobike_logo_download
GROWTACはEUROBIKE2016に出展します。
スポーツサイクル用品の90%は輸入品です。
日本のプロダクトは世界に向けて存在感を十分に示していないのではないでしょうか。(シマノさんは別格ということで)
GT-Rollerシリーズは海外品には無い機能と性能をもち、日本のサイクリストに育てられたMade in JAPANの製品です。
つまり、日本のサイクリストの感性や楽しみ方のレベルの高さがあったからこそ出来たプロダクトと言えます。
GT-Rollerシリーズを通して"日本のサイクリストとプロダクト"の存在感を示したいと思います。
出展案内

 

Q/A 振動を少なくするには?

GT-Roller Flex QandA情報 [対象:Flexシリーズ]

-Q-

タイヤが回るとゴトン、ゴトンと振動がでます。
また、振動を少なくするにはどうすれば良いですか?

-A-

GT-RollerFlexは高精度なローラーユニットを備えています。
このローラーユニットから出る振動は少なく、部屋に伝わる振動のほとんどは、ホイルまたはタイヤが原因です。
ゴトン、ゴトンとタイヤが1周回るごとに1回出る振動は、タイヤの剛性が高いところで発生しています。
ケーシングのつなぎ目で剛性が変化していると推測されます。

—振動を少なくするために—

  • ホイルは縦振れ、横振れが無いものを使用してください。
  • 屋外で使用したタイヤは凸凹が多く、振動の発生源となります。
  • 剛性の変化が少ないタイヤを使用する。(効果大)
    見た目に分からないので、お持ちのタイヤを試すしかありません。
    シュワルベのトレーナータイヤが比較的剛性の変化少ないです。
  • ローラー接地場所を変える。
    床を踵でトントンと叩くと、固い場所があるはずです。
    その固い(剛性が高い)場所にFlexのローラーユニットを設置してください。
  • オプションのFlexブルカットを使用すると軽減します。

 

Q/A ローラー部分からの白い粉が出る

GT-Roller Flex QandA情報 [対象:Flexシリーズ]

-Q-

購入後、数時間のトレーニングを行ったのですが、ローラ部分から白い粉が出ていた。
問題ありますか?

-A-

タイヤが新品の場合はタイヤに付着しているワックスの可能性があります。
または、ローラ製造時に出来る表面の細かい凸凹が削れたものと予想されます。
ローラー表面がツルツルの状態になれば粉は出ないと思います。
ただし、タイヤに砂が付着した、石などの異物が刺さった状態で使用すると、異常摩耗につながりますので、外で走った後はサッと布などでタイヤを拭いて使用することをお勧めします。

Q/A MCのセンター位置調整が難しい

GT-Roller Flex QandA情報 [対象:Flexシリーズ]

-Q-

MCのセンター位置調整がシビアで難しい。

-A-

MCの左右の傾き調整ですが、ウォームUp、トレーニング中、疲労状態等で、傾きの感じ方が変わってきます。
ステムやサドル角度などと同じで何処まで調整を追い込むか?ということになりますが、おススメはUP後のトレーニングで十分に体が温まった状態で感じる傾きで調整を行うのが良いと思います。
また、気にし出すときりがない部分ですので、ある程度、納得できる位置に調整して、フォーム等他のことを気にしてしばらく使ってみるのも良いと思います。

Q/A チューブラタイヤの使用について

GT-Roller Flex QandA情報 [対象Flex1]

-Q-

チューブラタイヤで使用したところ、タイヤの凹みが大きく、タイヤへのダメージが心配です。

-A-

取扱い説明書にもある通り、ローラ径が大きくないのでタイヤへの負担は大きいです。 長時間使用するとダメージも大きいので出来れば、チューブラタイヤなどしなやかなタイヤは避けてください。 トレーナ専用タイヤで使用してただければ理想的です。