[ご案内] GT-eRemote update information. (Ver.1.2.13)

GT-Rollerスマート化オプション GT-eSMARTの専用アプリ GT-eRemoteをアップデートしました。
App Storeにてアップデートが表示されましたらアップデートを行なってください。

今回のアップデート内容(概要)は以下の通りです。

  • 搭載される GT-eBox firmware : 2.052(New!)
    GT-ePower-Tを使用されない場合は、GT-eBoxのFirmware updateは必須ではありませんが、updateされることを推奨します。
  • GT-ePower-T 使用時の GT-Power 計算および校正論理を改善しました
    GT-eBox firmware 2.052にupdateしていただくと、GT-ePower-T使用時のGT-Power精度がより向上します。
  • そのほか細かい改善、今後の拡張に向けての準備をしました

詳細な更新履歴は以下のページをご覧ください。
http://www.growtac.com/?page_id=5404

 

Android版GT-eRemoteリリース時期につきまして

兼ねてより、【2019年内】とご案内しておりました「Android版GT-eRemoteのリリース」ですが、お客様に満足して使用いただける内容までまだ達していないため、リリース時期を延期することいたしました。

リリースをお待ちいただいているお客様をお待たせることになってしまい、大変申し訳ございません。

今後のリリース時期につきましては2020年1月早々にアナウンスさせていただきます。リリースする機能につきましては以下のような順番で行う予定としております。

  • 第1段 基本機能提供
      – GT-eBox firmware update.
      – 体重車重などの基本的な設定機能
      – GT-Power校正機能(パワーメーターを用いた校正)
        ※スピンダウン校正につきましては、端末依存によるものがあるため、
           次回リリースとなる可能性がございます
      – マニュアル操作による、負荷(GT-ePower)制御、昇降(GT-eSlope)制御
  • 以下の拡張機能につきましては順次ご案内いたします。
      – マップトレース
      – ワークアウト

スケジュールを守れますよう、開発体制など見直しを行い対応をいたします。

皆様により満足して使用していただけるアプリを届けられますよう、開発を行ってまいりますので、今しばらくお時間をいただけますと幸いです。

GT-ePower-T正式対応GT-eRemoteリリースにつきまして

GT-ePower-Tに正式対応したGT-eRemoteおよびGT-eBox firmwareのリリース時期につきまして、ご案内いたします。

GT-ePower-Tの発売(2019年12月25日から順次出荷)にあわせて、GT-ePower-Tに正式対応したGT-eRemote(GT-eBox firmware含む)をリリース予定でございましたが、開発並びにApp Storeへの申請が遅れ、App Storeのクリスマス休暇(12/23〜12/27)に重なってしまい、リリースが早くても2019年12月28日以降となる見込みです。
リリース時期に関しましてはApp Store側の審査状況などにもより、もう少し遅くなってしまうことも考えられます。

 

2019年12月25日現在、AppStoreで公開されているGT-eRemote(1.2.10),GT-eBox firmware(2.050)では「マニュアル操作による負荷変更」などを行っていただくことは可能ですが、一部機能に制限がございます。

【動作確認済み事項】

 以下の内容につきましては問題なく動作することを確認しております。

  • GT-eRemote,GT-eBoxからGT-ePower-Tを正しく認識する
  • マニュアル操作による負荷変更
    以下のような方法でマニュアルによる負荷変更を行うことが可能です。
     - GT-eRemote Ride画面Manualモード
     - ANT+ FE-Cに対応したサイクルコンピューターなどからの負荷変更
  • 速度(Wheel speed)で表示される値

【制限事項】

 制限となる事項は以下の通りです。

  • GT-Powerスピンダウン校正
    実際の校正結果と異なる値が校正結果として表示されます。
  • GT-Power計算論理
    パワーメーターで表示されるPowerと比較して、15%〜30%程度ずれた値が表示されます。
  • バーチャルライドなどの勾配連動による負荷調整
    GT-Powerを用いて負荷調整を行っておりますので、負荷調整位置も想定と違う位置となります。しかしながら、上り勾配が急になるほど負荷が高くなる、という基本的な動作はいたします。
    以下のような動作に影響がございます。
     - Zwiftなどによる勾配に連動して負荷が変わるバーチャルライド
     - GT-eRemote Ride画面でのSlopeモード
     - GT-eRemote Mapモード
     - GT-eRemote Workoutモード(Target : Slope)
     - サイクルコンピューターなどによるマップトレース
  • ワット固定での負荷調整
    GT-Powerを用いて負荷調整を行っておりますので、負荷調整位置も想定と違う位置となります。
    以下のような動作に影響がございます。
     - ZwiftでのWorkout(ERGモード)
     - GT-eRemote Ride画面でのWattモード
     - GT-eRemote Workoutモード(Target : Power, FTP%, Step)

リリースされましたら再度ご案内いたします。
お客様にはご不便、ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

更新内容につきましては以下のページをご覧ください。
http://www.growtac.com/?page_id=5404

※リリース遅延に伴い、GT-eRemote,GT-eBoxともに更新履歴内に記載されているVersionが変更になることがございます。

新製品発売のお知らせ「GT-ePower-T」

この度、株式会社グロータックでは、新製品「GT-ePower-T」を発売いたします。

「安全・静か・幅広いトレーニング可能」と、従来の3本ローラーの欠点を解消しつつ、高剛性・低振動設計による「超上質な乗り心地の良さ」を実現したT1で、より幅広いトレーニングを可能とします。

ePT

詳しくは下記のページをご覧ください

http://www.growtac.com/?page_id=7375

品名      :GT-ePower-Tbr>
希望小売価格  :31,500円(税別)
発売予定日   :2019年12月25日より順次出荷予定(12月17日より予約開始)

[ご案内] GT-eRemote update information. (Ver.1.2.10)

GT-Rollerスマート化オプション GT-eSMARTの専用アプリ GT-eRemoteをアップデートしました。
App Storeにてアップデートが表示されましたらアップデートを行なってください。

今回のアップデート内容(概要)は以下の通りです。

  • 搭載される GT-eBox firmware : 2.050(New!)
    GT-eRemote と GT-eBox の通信内容を変更しましたので、GT-eBox の Firmware Update が必須となります。
  • GT-eSlope-Q 対応を行いました
    GT-eSlope-Q を使用するためには GT-eBox の Firmware version が 2.050 以降である必要があります(本アプリに含まれています)。
  • Workout 機能で特定の操作をすると画面が崩れる問題を対策しました
  • iOS 13 で GPX ファイルが取り込めない件の対応(暫定)をしました
  • そのほか細かい改善、今後の拡張に向けての準備をしました

詳細な更新履歴は以下のページをご覧ください。
http://www.growtac.com/?page_id=5404

【GT-eSlope-Q対応について】

今回の大きな機能としてはGT-eSlope-Qの対応を行いました。
http://www.growtac.com/?page_id=7115

GT-eSlope-Qを使用するためには今回リリースされたGT-eRemoteに含まれている、GT-eBox firmware(Version 002.050)が必要となりますのでご注意ください。
※002.050より前のバージョンでは、GT-eSlope-Qは初期動作(原点復帰)を行いますが、それ以降は動作しません(GT-eRemoteに表示されない)。

GT-eSlope-Qを使用すると、Workout機能においては勾配を設定することが可能となりますので、より一層登坂に合わせたトレーニングを行うことが可能となります。
Workout機能だけではなく、Manual mode, マップトレースモード,およびバーチャルライドアプリを使用しても勾配を再現できますので、是非ご活用いただければと思います。

勾配0.0%から10.0%まで上がるのにおよそ9秒ほどかかります。Workoutメニューを組むときにはご注意願います。
例:0%->10%まであげるメニュー(Drillなど)を5秒で組んだとしても、10%まで上がる前に次のメニューへと移行してしまいます。

 

【不具合情報】

弊社で開発に使用している複数のiOSデバイス端末のうち、特定の端末でだけまれに画面レイアウトが崩れることがありました。本事象が発生しましたらアプリをいったん終了(タスクリストからも終了させる)し、アプリを再起動しご確認ください。何度か起動していると正しく表示されます。
本事象が発生しますと画面は以下のようになります。

左:正常、右:異常
00_OK  01_NG

異常時の状態としては以下のような表示の特徴があります。

  1. GT-eBox,GT-ePower,GT-eSlopeを示すアイコンがつぶれて表示される(右側にずれている)
  2. Resist値が表示されない(Slope値が縦二行に表示されてしまっている)
  3. Resist Up,DownおよびHOMEボタンが全体的に右にずれている

上記事象が発生したまま使用していただいても問題はございませんが、Resistが表示されないのでご注意ください。

また弊社で発生したiOS端末は iPhone6 iOS 10.2となります。iOS 12やiOS 13のiPhone6では発生しておりません。もし発生するようでしたら使用端末およびiOS版数をお伝えていただけますと大変助かりますので、ご協力いただければと思います。

お客様には大変不便をおかけして申し訳ございません。

新製品発売のお知らせ「GT-eSlope-Q」

この度、株式会社グロータックでは、新製品「GT-eSlope-Q」を発売いたします。

_DSC3135._2 _DSC3215_01

GT-eSlope-Qは、GT-Roller Q1.1に取り付けることにより、GT-Roller Q1.1のフロントエレベーター機能を自動で勾配再現し、より実践的な登坂練習を可能にします。
自動電子負荷ユニットGT-ePower-Qと合わせて使用することにより、よりリアルな登坂を再現することが出来ます。
※お使いいただくためには、GT-eBoxが必要となります。また、2019年12月に公開されるバージョンへのアップデートが必要です。


品名      :GT-eSlope-Q
価格      :75,000円(税別)
発売予定日   :12月10日出荷開始
※GT-eSlope-Qはオフィシャルウェブショップ限定販売商品です。販売店を通して購入することは出来ません。

予約キャンペーン

2019年12月9日までにご予約・ご入金いただいた方には、弊社製品のチェーンオイル「GT-OIL」を1本お付けいたします。
オフィシャルウェブショップよりご予約受付しております。

製品詳細については、GT-eSlope-Q製品ページにてご確認ください。


GT-eSlope-Q 紹介動画

CYCLE MODE international 2019 レポート映像

2019/11/2-4 「CYCLE MODE international 2019」にGROWTACが出展。
GT-Rollerシリーズ全機種の試乗会や自転車用アクセサリーの展示、開発中のシフトレバー「EQUAL-LEVER」の参考出品。
また、新製品である「GT-eSlope-Q」「GT-Roller T1」を初公開・初試乗を行いました。
新製品である「GT-eSlope-Q」「GT-Roller T1」のインタビュー(2:24-)を中心に、サイクルモードの様子を動画にまとめました。

インタビューでは、元全日本選手権個人TTチャンピオンである西薗良太さんにも「GT-eSlope-Q」のコメントをいただきました。 是非ご覧ください。

「CYCLE MODE international 2019」に出展します

グロータックは、11月2日~4日に開催される「CYCLE MODE international 2019」に今年も出展いたします。

新発売の製品、GT-Roller Q1.1の自動勾配再現機能を追加する『GT-eSlope-Q』や3本ローラー『GT-Roller T1』を含むGT-Roller・GT-eSMARTシリーズの全製品の試乗展示をはじめ、『機械式ディスクブレーキケーブルセット』やカンパニョーロのエルゴパワーとシマノのディレーラー・スプロケットを組み合わせることが可能になる『EQUAL-PULLEY』を体験できるデモ展示等のアクセサリーの展示を行います。
また、開発中の参考出品として、あらゆる機械式変速機を組み合わせることを可能にするシフト/ブレーキレバー『EQUAL-LEVER』を初公開いたします。

20191031_032237788_iOS
『EQUAL-PULLEY』を体験できるデモ展示


▼試乗できるローラー台

・GT-Roller F3.2(+GT-ePower-F)2台
・GT-Roller Q1.1(+GT-ePower-Q +GT-eSlope-Q)2台
・GT-Roller M1.1 (+GT-ePower-M)
・GT-Roller T1(+GT-ePower-T +発射防止ローラー)

全試乗台で『GT-eRemote』の『マップトレースモード』を体験することが出来ます。

_DSC3135._2
GT-Roller Q1.1 + GT-ePower-Q + GT-eSlope-Q

▼『EQUAL-LEVER』とは

GROWTACが鋭意開発中の『EQUAL-LEVER』(以下、イコールレバー)とは、あらゆるメーカーやグレードのFD・RD*で変速を可能にする夢のようなシフト/ブレーキレバーです。
イコールレバーは独自の構造によって、メーカーやグレード、年式を問わず、すべての機械式変速機をコントロールできるため、気に入ったコンポーネントを組み合わせるだけでなく、年式が古くて使えないと諦めていたコンポーネントも使用することが出来ます。

*当社調べ
20191031_032545611_iOS
開発中のイコールレバー

▼くじ引きキャンペーン

グロータックのFacebookページ・Twitter・Instagramをフォロー(Facebookはいいね!)をしていただいた方*には、1日先着400名にくじ引きのチャンス。
景品には、新製品の『GT-Roller T1』(1日1台限定・後日発送)や、自転車用オイルの『GT-OIL』、オフィシャルウェブショップで使用出来る割引券等、ハズレなしのくじ引きキャンペーンとなります。

*既にフォロー(いいね!)済みの方もくじ引き可能です
*このキャンペーンは予告なく終了・条件の変更などを行う場合がございます。

_DSC3255_1
特賞景品の『GT-Roller T1』(写真はプロトタイプ)

20191031_033419038_iOS

抽選箱(イラストは当社キャラクター「グロ子」)

新製品発売のお知らせ「GT-Roller T1」

株式会社グロータックは、新製品『GT-Roller T1』を発売いたします。

3本ローラーはスポーツサイクルのスキル向上には有効なローラー台です。
しかし、3本ローラーを乗りこなすには技術が必要です。
現状、3本ローラーは 【難しい=落車=怖い危ない】そして、【3本はうるさい】ということが周知されています。

グロータックは多くのサイクリストのレベルアップに繋がる3本を作りたいという思いで、GT-Roller T1を開発しました。
コンセプトは【難しいけど、安全】【3本だけど静か】
GT-Roller T1は多くのサイクリストのレベルアップに貢献できる3本ローラーです。

_DSC3255_1
(写真は全てプロトタイプです。製品版は若干の変更がございます)


<主な機能>

〇安全性

・脱輪対策

GT-Roller T1は、前ローラーの両端部に脱輪防止ローラーを標準装備しています。
これにより、ハンドル誤操作による脱輪を防ぎます。
また、別売の『発射防止ローラー』を後ろローラーに装着すれば、前方への脱輪も抑えることが可能です。
これらの脱輪対策により、初心者だけでなく、高強度なトレーニング時においても不要な落車を防ぐことが出来ます。
(転倒を完全に防止する機能ではありません。バランスを崩した場合は転倒する可能性があります)

_DSC3266_2
脱輪防止ベアリング

support
発射防止ローラー(開発中)

・足つき性の向上

GT-Roller T1は他製品にはない、幅広のフレームデザインとなっています。
このデザインは、自転車の乗り降り、バランスを崩した場合などの足つき性を確保するためのものです。
弊社テストでは、自転車の乗り降りの仕方は人それぞれで、身長などの体形でも違ってきます。
左右のフレームを幅広とすることで、どこにでも足をつきやすいデザインとなっています。

_DSC3255_03
幅広のフレーム。
足つき用マットは別途4枚付属し、好みの場所に追加して貼付できます。

〇低振動・低騒音

・高精度・高剛性のT1専用設計ローラー

GT-Roller Q1.1にも採用されている『Double“O”tube』をベースに進化。
新構造として、ベルトプーリーをローラー本体と一体化することで、さらなる低振動を実現。
また、ローラー外周部をさらに肉厚にすることにより、フライホイール効果*を向上。高い実走感を追求しました。
従来から引き継がれる、超高剛性の三ツ矢構造のローラーは、激しいトレーニングでも撓(たわ)むことなく精度を維持し、どのような場合でも滑らかで振動が少ない乗り心地を実現します。
剛性だけではなく、回転ブレが0.15mm以内という非常に厳しい規格をパスしたローラーのみを使用。
そのローラーに2面バランス修正**を行うことで、どのような回転数でも振動の発生を抑制します。

* ローラーが回転をし続けようとする力
** ローラーの端部2か所で回転方向の重量バランス(遠心力)を調整する方法。複雑なアンバランスが補正可能

_DSC3317_2
三ツ矢構造の肉厚ローラーと、直彫りのベルトプーリー。
同径の他社ローラーよりも約2.5倍の重量

・専用ブルカット*が標準装備

床と接地する箇所すべてに専用設計のブルカットを標準装備しています。
ホイールやタイヤ等から発生する振動を専用ブルカットが吸収し、床に伝わる振動を軽減します。
専用ブルカットはフレームと一体設計することにより、全高を抑え、恐怖心や落車時のダメージ低減に貢献します。

*弊社商品である室内トレーナー専用の防振パッド

_DSC3277_2
GT-Roller T専用ブルカット

〇負荷調整

GT-Roller T1には様々なトレーニングに対応するため、4段階の手動負荷機構が標準装備されています。
最大負荷 40km/h時 450W(弊社テスト)

_DSC3272_2
手動負荷

〇スマートトレーナー機能

別売の『GT-ePower-T』*を装着すれば、スマート化も可能。
スマートフォンやサイクルコンピューター**で、ワイヤレスで負荷調整が出来る他、トレーニングメニューの再生等も可能です。
バーチャルライド等のアプリケーションも使用可能。

* GT-ePower-Tを使用するには、GT-eBoxが必要です
** スマートトレーナー対応のものに限る

_DSC3350_3
GT-ePower-T

〇折りたたみ可能

GT-Roller T1は、折りたたみ可能。縦置き、横置き、どちらの向きでも保管できます。

_DSC3275_2
折りたたみ状態


品名      :GT-Roller T1
希望小売価格  :55,000円(税別)
発売予定日   :2019年12月中旬 予定

品名      :GT-Roller T1 発射防止ローラー
希望小売価格  :未定
発売予定日   :2019年内 予定

品名      :GT-ePower-T*
希望小売価格  :31,500円(税別)
発売予定日   :2019年内 予定

*GT-ePower-Tを使用するには、GT-eBoxが必要です。


GT-Roller T1(発射防止ローラー・GT-ePower-T搭載)は2019年11月2-4日に幕張メッセで開催されるCYCLE MODE International2019のグロータックブースにて試乗展示を行います。
お試ししたい方は、ぜひお越しください!

GT-eRemote iOS 13対応について

現在公開されているGT-eRemote(バージョン 1.2.1)では、iOS 13を使用しているデバイスにおいて、マップトレースモードのGPXファイルを登録できないという症状が発生しております。
回避手段、および代替手段につきまして現在弊社にて確認中となります。

来月に予定しているGT-eRemoteのアップデートでは確実に対応する予定となっております。

不具合情報においても情報を更新していきますのでご覧いただければと思います。

また、それ以外のiOS updateに起因した不具合などは他にはないという認識でおりますが、何か不具合などありましたらご連絡いただければと思います。

お客様にはご不便おかけして誠に申し訳ございません。