GT-Roller Flex 渦電流ブレーキの熱

渦電流を利用して負荷を発生せさせているのですが、当然、負荷を発生させるとエネルギーが熱に変わります。
その部分が、左の円盤になります。


平均240wで0.5Hほど漕ぐと約94度になります。

ヤケドしちゃうよ。

円盤にスリットを入れて、放熱性を上げました。
所有する卓上旋盤では、ギリのサイズでしたが、なんとか加工出来ました。
効果は、同条件で、20度ほど下がりました。
かなり効果があります。
でも、もう少し下げないと。
今後は材質も変わる予定なので、もっと温度は下がるでしょう。

今のところ、負荷はMAX位置で 330w/30km/h
製品では、今の5割増しくらいの負荷をつけようと思います。
負荷ゼロ~激重 まで調整出来るようになる予定です。

 

GT-Roller Flex

新方式ローラーですが、GT-Roller Flex と名前を付けました。
まだ、試作の試作ですが、動きのビデオで撮ったので、Upします。

新方式ローラー台 現状

やっと、皆様にお見せできる形になってきました。
まだまだ、テスト段階ですが、従来のローラー台とは比べ物にならない実走感があります。
市販に向けて改善すべき部分がいっぱいです。ガンバリましょう!

概要としては、
実走感と安全性を高次元で実現した新しいタイプのローラー台です。
分かりやすくいうと、固定ローラーと3本ローラーのいいとこ取り。といったとこですか。
このタイプは世界初?

キモは、フロントフォークを支える部分です。モーションコントローラーと呼びます。
ここの構造が特許申請した部分で、開発と味付けに1年近くかかりました。
まぁ構造的には簡単なんですけどねw
この機構のおかげで、シッティングからダンシングまで気持ちよくペダリング出来ます。
シッティングからシフトUpしながらダンシングで加速!などなど楽しみながらテストしています。

後輪を乗せるローラー部分も工夫しています。
まだまだ、改良の余地はありますが、現段階でも非常に振動が少ないです。
固定ローラーより振動が少ない感じです。(後日測定します)
そこの辺りは、ブルカット開発時のノウハウが生かされてます。

コスト度外視で作ればもっとかっこよく出来るのですが、どこかの前後に動く3本のような値段では話にならないので、なんとか4万くらいで販売出来るように知恵を絞っています。(ほんと悩みます)

恥ずかしい失敗等々情報だしていきますのでよろしくお願い致します。

新方式ローラー台 特許申請完了

地道に開発を進めていました、新方式ローラー(名前考えないと)、やっと特許申請が完了しました。
これで、情報を出していけます。
今後は、年内の発売を目標に開発を進めていきたいと考えています。
先は長いなー