新規取扱い店のご紹介

GROWTAC製品のご購入が出来るお店が増えました!!
よろしくお願いします!!

GT-Roller Flex2 出荷開始のお知らせ

大変お待たせしました。
GT-Roller Flex2 を2月3日より出荷開始します。
多くのご予約を頂いていますので、順次出荷となります。
よろしくお願い致します。

今回の出荷遅れの原因について
量産品の一部に異常振動が出るとこにより、出荷が遅れましたが、その原因についてご報告します。
軸、ベアリング、フライホイル等、回転部品には寸法誤差があります。
部品の組み合わせで、その誤差が大きなることがあります。隙間が大きくなると、ガタツキが大きくなり、振動が発生します。
今回、その振動により本体が共振を起こし、非常に大きい振動となりました。

対策として、部品の組み合わせによる誤差が少なくなる構造としました。
また、振動に対して共振を起こさない構造としました。

今回の件で、多くのお客様にご迷惑をお掛けしましたことを心からお詫びします。

Q/A 振動を少なくするには?

GT-Roller Flex QandA情報 [対象:Flexシリーズ]

-Q-

タイヤが回るとゴトン、ゴトンと振動がでます。
また、振動を少なくするにはどうすれば良いですか?

-A-

GT-RollerFlexは高精度なローラーユニットを備えています。
このローラーユニットから出る振動は少なく、部屋に伝わる振動のほとんどは、ホイルまたはタイヤが原因です。
ゴトン、ゴトンとタイヤが1周回るごとに1回出る振動は、タイヤの剛性が高いところで発生しています。
ケーシングのつなぎ目で剛性が変化していると推測されます。

—振動を少なくするために—

  • ホイルは縦振れ、横振れが無いものを使用してください。
  • 屋外で使用したタイヤは凸凹が多く、振動の発生源となります。
  • 剛性の変化が少ないタイヤを使用する。(効果大)
    見た目に分からないので、お持ちのタイヤを試すしかありません。
    コンチネンタルのトレーナータイヤが比較的剛性の変化少ないです。
  • ローラー接地場所を変える。
    床を踵でトントンと叩くと、固い場所があるはずです。
    その固い(剛性が高い)場所にFlexのローラーユニットを設置してください。
  • オプションのFlexブルカットを使用すると軽減します。