EQUAL-PULLEY

EQUAL-PULLEYはエルゴパワー+シマノドライブトレインを可能とします。

イコールプーリーnew1

 

 

 

【販売価格】オープンプライス

使用方法はエルゴパワーの既存プリーと交換するだけ。
e4bd9ce6a5ad

#4緑についてのご注意
使用する自転車によっては、極まれに変速が出来ない事例が生じています。
現在のところ、原因は不明です。
このような場合、返品等は出来かねますのでご理解のうえご使用ください。
RD-4700(Tiagra)についてのご注意
RD-4700にはすべてのイコールプーリーが対応しておりません。
4700系Tiagraは10sコンポーネントですが、RD-4700は11s仕様となっています。
この為、イコールプーリーでは10sスプロケット+RD-4700の組み合わせは出来ません
POTENZAについて
POTENZAはパワーシフトタイプのため、すべてのイコールプーリーが対応しておりません。

【対応表】
無題

注意:#4緑をご使用の場合、トップギヤが14Tのスプロケットには対応していません。
11T,12Tトップのスプロケットに対応しています。

注意:パワーシフトのエルゴパワーには対応していません。
パワーシフト= シフトアップレバーを1回押すと、1段変速するタイプ

注意旧タイプ↓のエルゴパワーには対応していません

エルゴパワー

 

大事なのは、最高のフィッテイングです!!

現在、ロードコンポーネントは大きく分けて、シマノ、カンパ、SRAMです。
国内においては、シマノがほとんどのシェアを占めています。
しかし、各メーカーのコンポーネントにはそれぞれ、特色と良いところがあります。
特に、デュアルコントロールレバーは、各メーカーが特に力を入れている部分であり、人間とバイクを繋ぐ非常に大事な部分でもあります。
自分に合うデュアルコントロールレバーを選ぶことは、シューズ選びと同じくらいに大切です。
各メーカーの特徴(私が使用した感想です)
【シマノのSTI】
変速機構としての完成度はやはり高いです。
79シリーズのブラケット形状は、好き嫌いが分かれるところではあります。
【カンパのウルトラシフトエルゴパワー】
機構自体は、少々精度が落ちる部分もあります。
多段シフトUpが機構の最大の特徴です。
信号待ちや、レースでのアタックなど、一気に加速する場面に有効です。
坂の入口などでアウターからインナー、同時に多段シフトUpで、ケンデンスを合わすことも瞬間で出来ます。
ウルトラシフトエルゴパワーからのブラケット形状は、評判が良く、特に手が小さい方は一番使いやすと思われます。
【SRAMのダブルタップ】
1レバーでシフトUp/Down出来る機構が特徴です。
下ハンからの操作も比較的やりやすく、操作間違いが起こりにくいです。
ブラケットは根元が太く、先端が外向きに曲がっています。
手が小さい人には根元付近のグリップが気になります。

シマノとSRAMの互換性は比較的高く、組み合わすことができます。
しかし、シマノとカンパの互換性はほとんど無く、エルゴパワーを試してみたいと思っても、ホイルからワイヤーに至るまでの全てを変える必要がありました。
EQUAL-PULLEYを使用すれば、今お持ちのホイル、RDなどのシマノパワートレインを交換することなく、最新のウルトラシフトエルゴパワーを使用出来ます。
大事なのは、最高のフィッテイングです。
EQUAL-PULLEYを使って自分にあった機材を見つけてください!!

取り付け説明の動画です

取扱い説明書:PDF

EQUAL-PULLEY開発記録