2020年 サポート選手・チーム・学校

グロータックは、2020年下記の選手・チーム・学校をサポートいたします。
是非ともサポート選手・チームの応援をよろしくお願いいたします。


― サポート選手 ―

吉田隼人選手(所属:マトリックスパワータグ*)

hayatoyoshida

吉田隼人選手からのコメント

本年2020年度「グロータック」に個人サポートしてもらうことになり、個人的に大変嬉しく思います。しかし、本年からサポートして頂くのですが、実は「グロータック様」の「GT-Roller」に関しては、僕自身は4年前から個人的に「GT-Roller」を購入して使っていたので、尚更今回の個人サポートは嬉しく思っています。
また、今時代はリムブレーキからディスクブレーキに変わっていく移行期である中、簡単に両方の自転車に対しても対応策が他メーカーよりも早かったりと、「グロータック」の商品は個人的に好きなんです。
そんな中、僕自身が選手目線で一般の方にも「グロータック」の商品をより正しく使う方法や、トレーニング活用法など紹介していけたらと思っております。
よろしくお願い致します。

プロサイクリスト吉田隼人のオフィシャルブログ

Twitter_Social_Icon_Circle_Color
f_logo_RGB-Blue_58

*現在の写真は旧所属のものとなっており、新チームの写真が届き次第、差し替えを行います。


― サポートチーム ―

hiroshimalogo

VICTOIRE広島

ヴィクトワール広島2020集合写真_s

VICTOIRE広島からのコメント

初めまして、僕たちVICTOIRE広島は日頃からGT-Rollerを使って国内最高峰のJPRO TOURを戦っています。

GT-Rollerは、固定しているフロントフォーク部分が左右に揺れ動き、実走の時に起きるのと同じ左右の微細な動きを可能にしているので、ローラー台に乗っていながら実走感が得られる優れものです。一度乗ると他の固定ローラーには乗れないなと感じるほどです。
なぜ僕たちがGT-Rollerを選ぶのか。それはやはりローラー台に乗った際に感じる違和感を無くしたい、より実走に近いあるいは実走と同じ感覚で走りたいという思いからです。
GT-Roller以外の固定ローラーではリアホイールの中心部分を固定し、車体が完全に固定されているので、左右に動くことは無く人によっては不快に感じる部分でもあります。また上半身、体幹といった部分を連動させて乗ることが難しいといったデメリットもあります。

またGT-Rollerには負荷を調整する機能もあり、目的に合わせたトレーニングをすることが可能です。
M1.1などはとてもコンパクトで、遠征時の荷物を減らすことができます。遠征の際は7〜10人と一緒に移動する人数もかなり多く、車に載せられる荷物にも限りがあります。そんな中、ローラー台を6〜8台というのはかなりの量になりますが、M1.1を選ぶことによりスペースが最小限ですむため持っていくことが可能になり、遠征先でもレースに向けた準備をしっかり行うことができます。1年間の過酷なレースを戦う事ができるのも、M1.1のおかげです。

そしてVICTOIRE広島では「ローラー台レッスン」も行っており、そこでもGT-RollerF3.2を使っています。
F3.2はクイックレバー、スルーアクスルのどちらにも使用することができるので、車種も選びません。フレームサイズが小さくても大きくても調整が効くので、安心してレッスンに参加してもらっています。
また、ローラー台を使ったトレーニングは景色が変わらないため、精神的に辛いイメージが多々ありますが、乗り心地が実走に近いおかげで気が付いたら1時間程乗っていたということもあるぐらいです。皆さんもぜひ一度体感してみてください!
初心者から上級者、プロのレース現場でも使われる、乗り手を選ばないおすすめのローラーです! これからもGT-Rollerと共にレースを戦って行くので応援よろしくお願いします!

VICTOIRE広島とは

2015年、中四国初のプロ自転車ロードレースチームとして誕生し、国内最高峰のリーグ戦「Jプロツアー(JPT)」に参戦しています。発足5年目の昨年は、チームにとってJPT初優勝を達成し、年間ランキングも18チーム中5位という過去最高の順位を実現しました。
2020年は国際自転車競技連盟(UCI)コンチネンタルチームとして、国際レースにも活動の場を広げます。

VICTOIRE広島 公式ウェブサイト

Twitter_Social_Icon_Circle_Color
f_logo_RGB-Blue_58
glyph-logo_May2016

20200106_042907827_iOS

レバンテフジ静岡

190104レバンテ富士009

レバンテフジ静岡監督・二戸康寛さんからのコメント

この度、GROWTACについてのレポートを依頼され、どのような角度から書き始めればよいのか悩んだ。
私自身、選手として走っていた頃はGROWTAC製品のユーザーであり、チームを運営するようになってからはサプライヤーであり、社員として働いていた経緯もある。外部的にも内部的にも、様々な側面を見てきたので、ありきたりのコメントをしてもつまらないだろうなと思う。
私なりに表現するならば、GROWTACは製品もそれを生み出す会社も個性の塊である。木村社長の物造りへの拘りと底無しの探求心、開発者が全員異常なサイクリスト、物造りに命を削る技術者集団、そんな個性の集合体が生みだす唯一無二の匠のサイクルトレーニング機材GT-Rollerが同社の代表作。
大袈裟ではなく、これを使わずして他のローラーは語れない。使ってみれば、GROWTACの物造りへの拘りが分かるでしょう。普通の物は造らない、それがGROWTACです。

レバンテフジ静岡は、GT-Rollerで勝利を掴み取ります!

レバンテフジ静岡とは

レバンテフジ静岡は、静岡県を拠点とする地域密着型プロサイクリングチームです。静岡を象徴する富士山(フジ)と、イタリア語で東風を意味するレバンテをチーム名に配し、静岡県東部から全域に渡り、自転車文化という新たな風を巻き起こしてまいります。
レバンテフジ静岡は、国内最高峰のサイクルロードレースシリーズ戦「Jプロツアー」に参戦し、静岡県が掲げるサイクルスポーツの聖地創造に向け、スポーツサイクルの魅力を広め、自転車を取り入れた活力ある生活を提唱してゆきます。
富士山麓に広がる風光明媚な台地から、世界に繋がる選手が生まれ、静岡の地に自転車文化が根付くよう、レースはもとより様々な自転車活動を行なって参りますので応援よろしくお願いいたします!

レバンテフジ静岡 公式ウェブサイト

Twitter_Social_Icon_Circle_Color
f_logo_RGB-Blue_58

― サポート校 ―

グロータックは、サイクルスポーツの若手育成と自転車の魅力を若年層へ発信を目的に、2020年度より学校へのサポートを開始しました。
サイクルスポーツの発展を促進するため、グロータックは未来のアスリートたちを応援していきます。

法政大学第二高等学校

hosei

法政大学第二高等学校 部活紹介

法政大学第二高等学校自転車競技部は、神奈川県川崎市にある高校の自転車競技部です。
ロードレース、トラックレースを中心に活動しており、1950年に実施された第1回全国高校総体において学校対抗優勝を果たすなど、本校でも伝統あるクラブの1つです。
近年でも、全国高校総体や国民体育大会において、ケイリンやポイントレース、ロードレースなどで表彰台を含む上位入賞を獲得することができました。

2020年より、本校卒業生のご縁もありGROWTACにサポートしていただけることになりました。
GT-Roller T1の安定性、静粛性の高さは、技術的には発達途上の高校生に対して練習での安心感を与えており、練習意欲や練習の質の向上にもつながっているように感じています。


グロータックは、法政大学第二高校の他にも2つの高校をサポートしています。